HOME リンク 案内図 お問い合わせ 休診日等のお知らせ 当医院について 治療について 雑談・雑記 what'snew 佐藤歯科医院
<< 院内の飾り。 | main | 入れ歯の話。 >>

歯科衛生士 内藤より。

歯科衛生士の内藤さんからの投稿です。

こんにちわ。
歯科衛生士の内藤明子です。
今年度長野医療衛生専門学校を卒業したばかりの新米です。
今日は、職場のブログをお借りして歯科衛生専門学校の紹介をさせて頂こうと思います。

と、言うのも
先日、学校の恩師と一緒に食事をした際に、年々受験生が減ってきていると嘆いていたので、少しでも受験生増加のお手伝いが出来たらよいなと思った次第で。。。

この学校の歯科衛生士学科は、平成22年まで二年制で、その後三年制に移行します。校舎も建て替えるとかの噂も聞いています。
当然私も、二年制の学生生活を送ったわけですので今回は、そんな二年間の生活を簡単に紹介したいと思います。

一年生の時は、毎日学校に登校します。授業は、基礎的な科目、専門的な科目の座学と、校内実習があります。
授業は主に外部講師の先生方が来てくださります。大体が地元の歯科医院の先生達です。なので臨床で実際にあった様々な症例についてのお話を聞くことが出来ます。
授業は夏休みを挟んで前期・後期と別れ、科目などが変わります。
当然その時に試験などが待っているのですが。。。
校内実習については、はじめは模型やマネキンを使って教室内で実習を行っていきます。夏休みがあけてからは、実際のユニットがある教室でクラスメートの口を借りたりして、歯石を除去したり歯磨き指導をしたりします。
実際の口の中での作業は、かなり緊張を強いられ、大変だったのを覚えています。

こんな感じで、一年生のうちは殆ど学校内での授業・実習となります。

次に二年生の一年間です。
一年生から二年生に進級する時に戴帽式と言うのがあります。この時にナースキャップを頂きます。これを付けて一年間、学校の外へ実習をしに行きます。

はじめにグループごとに別れて、実際の歯科医院での実習へ行ったり、大学病院の口腔外科へ実習にいったり、小学校へ自分たちの作ったシナリオや媒体を持ってむし歯や歯周病についての劇や歯磨き指導をやったり、養護学校や高齢者介護施設へ行き口腔ケアを行ったりしました。

二年生は殆ど学校へは来ません。実習が大体一ヶ月単位で行われていくので月に一回の登校で情報交換や報告会を行います。
毎日が実習でとても忙しく、また就職活動をしながらなので本当にあっという間に一年が終わってしまった様な気がします。
二年生での最大のイベントの一つが、9月に行くロサンゼルス研修旅行です。向こうの歯科衛生士学科の学生さん達と交流したり、観光をしたりとても楽しかったです。
そしてもう一つは2月にある国家試験です。11月までに全ての実習が終わり、毎日が勉強と模擬試験の生活になります。また、国家試験へ行く前には先生方と団結式や出陣式があります。こうして様々な方に送り出していただき、国家試験に挑みます。

ちなみに私たちの学年は国家試験の合格率も就職率も100%でした。

ここに書いた以外にも様々なイベントがあります。文化祭や体育祭、他の学科との交流会や地域のお祭りにも参加します。大変なことも多いけど、私は毎日が充実した学生生活が送れました。
現在進路を悩んでいる皆さん!!いかがですか?
現在体験入学の受付もしているようです。
もし興味があれば長野医療衛生専門学校・歯科衛生士学科を是非受験してみてください。

佐藤歯科医院 長野県上田市