HOME リンク 案内図 お問い合わせ 休診日等のお知らせ 当医院について 治療について 雑談・雑記 what'snew 佐藤歯科医院

新型コロナウィルスの対応に関して。その2

新型コロナウィルスの勢いはまだまだ止まらず、とうとう緊急事態宣言が全国に適応されました。
先日上田市内でもコロナ患者が発表されましたが、濃厚接触者のコロナ感染も起こらず、保健所の監督のもと無事に2週間が過ぎ、少し安心できたところではないでしょうか。
しかしまだまだ油断をできる状態ではないと思います。

現在通院中の方も、通院に不安を感じるようでしたら気にせずキャンセルしていただいて構いません。
当院でも、患者さんと相談して急ぎでない処置は先延ばしにさせていただいたりしております。

それでも処置が必要でしたり、希望をなさる患者さんもおられますので少しずつコロナに対しての対応をと思っています。


・先の対応時に発注済みとしておりました消毒用のアルコールが入手できましたので、待合の洗面台にせっちしました。
ただ、情報によっては石鹸等での手指の洗浄の方が重要というものもあります、来院時の手洗いは継続して徹底してください。

・待合では次亜塩素酸水を超音波加湿器にて噴霧をしております。
次亜塩素酸の効果も言われておりますが、噴霧された次亜塩素酸がどこまで広がるかは未知数ですので、個人的にはお守り的な気分で使っております。

オゾンにてウィルスを不活化させるという話を聞き、富士通社 HDS-3000Gというオゾンフィルターが付いた脱臭機というか空気清浄機を購入し設置をいたしました。
これも実際はどこまで効果が出るかは不明な部分もあり、気休めかもしれませんが少しでもリスクを減らせればと考えております。

あとは自衛のためではありますが、手術キャップ(発注)や、フェイスシールド、ゴーグルなど飛沫などに対しても対応するようにしております。
最近、コンビニなどでレジに設置しているシールドのようなものも時間があれば制作を予定してます。

何よりも早くこの疫病の蔓延が落ち着くよう三密に気を付け日常生活を行うことが大事なのでしょうか。
さらに歯科の仲間内では、自分が感染した時など報道や医院イメージなどを気にして黙って診療を続けてしまうケースがあってはまずいと「秘密にしない」という文言を付けて4密などという言葉もありました。
コロナでなくても体調が怪しいときは突然休診にしてしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

新型コロナウィルスの対応に関して。

昨今の新型コロナウィルスの萬延に関して
もともと歯科医院での感染症リスクは種々の業種の中でも高いほうだと考えております。
外科の一種ですので観血処置もありますし、歯を削る際に水の飛沫が発生してしまうのもあります。
当院では出来る限りの感染対策を行っておりますが、今回のウィルスに関しては未知の部分も多く、患者さんにも感染防止のためにご協力をお願いしております。

・発熱や倦怠感などの症状がある方は通院前にご相談ください。

・来院時待合の手洗いで石鹸でよく手洗いをお願いいたします。お帰りの際にも再度手洗いをしましょう。

・待合では出来るだけマスク等の装着をお願いいたします。

・待合での患者さん同士の接触を減らすため予約時間の厳守をお願いいたします。

・感染のリスクを下げるため、お子様や高齢者などの同伴の方は必要最低限でお願いいたします。

・海外や都内などの感染者の多い地区へ行った方は、2週間ほど様子をみての通院をお願いいたします。

・海外や都内などの感染者の多い地区から、避難してきた方を受け入れている家族の方も2週間ほど様子を見ての通院をお願いいたします。

上記のお願いに該当しても、強い痛み等がある方は電話にて相談してください。


発注済みではありますが、受付などに置く患者さん用のアルコール消毒が切らしておりますのでご了承ください。
入荷し次第設置する予定です。

換気のため、窓を空けたままにしておりますので、花粉症の方などはご了承ください。


ご協力よろしくお願いいたします。

小児歯科について。

治療について更新しました。

小児歯科について。

直通電話の番号が変わりました。

ご迷惑をおかけしております。
今まで使用していたIP電話が契約会社のサービス終了に伴い、新しい番号を取得することになりました。
22-0871の方は継続して利用できます。

新しい番号は
050-3728-5693
です。

ひかり電話とIP電話はほとんど同じものと聞いていましたが。
NTTの工事等要らないため簡便で選択してしまったのですが、まさかの事態です。
今回も早めに電話番号が欲しかったため、ネット上で番号を取得できるIP電話にしてしまいましたが。。。
電話が通じないと、直接予約を取りにいらした患者さんもいて、大変ご迷惑をおかけしています

雑記更新

路線バスの低料金化

路線バスの低額料金化

先日、上田駅のロータリーで上田の市内を走るバスの料金が安くなると言う掲示を見かけました。
早速これは素晴らしい、是非当院にもポスターを掲示させてくださいと、市役所にメールをしたところ、
翌日わざわざポスターを持ってきてくださいました。
と言うことで、今待合室の目立つところにデカデカと告知をしているところです。

路線バス

街中で歯医者業を営んでおりますと、郊外から通院してくるご老人方が少なからずいらっしゃいます。
その中で、年齢的に家族から危ないと言われ、免許を返上してしまう方もおり、なかなか街中に来られなくなってしまうケースもあります。
そんな方々も気軽にバスを利用できる街になればなあと思います。

最近地方都市では、なかなか路線バスの経営が成り立たず、廃止されてしまうケースがあるようです。
テレビでも、そんな地方で気軽に町に出て来れず、孤独になっていく老人の問題など取り上げたりしてました。
上田の路線バスも通勤通学以外の時間はガラガラのバスが街中を走っています。

そんな中、この企画が成功すれば。
上田の街ももっと活性化しそうな、夢を感じる事業じゃないかと思いました。

とりあえず、三年は続ける予定のようです。
公共の交通手段を使うことはエコにもつながります。

皆さんも、是非バスを利用してみてはいかがでしょうか。

レーザー始めました。

レーザー

段々と、新しい技術も取り入れていければと思っております。
レーザーと言ってもいろいろと種類はあり。
万能な物ではありませんが、興味のある方、ご相談ください。

金魚(その後)

前回の記事から気がつくと2年も経ってしまっておりました。

実は、前回の写真に乗っていた黒い出目金は、若くしてお亡くなりになってしまいました。
もう一匹の赤い、和蘭獅子頭は、未だ健在で御座います。

あれ以来、金魚にどっぷりはまってしまい。
今や佐藤歯科医院は一大金魚王国の様になってしまいました。

診療所玄関の睡蓮鉢には、和蘭獅子頭、丹頂、東錦の三匹。
通路の水槽に、蘭鋳が赤黒の二匹。
2階(プライベートスペースではありますが)の水槽に、蘭鋳、水泡眼、頂天眼、三色和蘭等が泳いでいる状況です。

そんな中、玄関の睡蓮鉢をやや大きめに新調しようと思い。
患者さんがやってる陶芸の工房に通わせていただき、1つ作らせて頂きました。




先生のブログを勝手にリンクしてしまいます。
千古の滝窯 水.すい.ス〜イ陶房
皆様も興味がありましたら、声を掛けてください。

Wi-Fi始めました。

院内にて、フリーWi-Fi環境を設置いたしました。
パスワード等は院内に掲示しております。
ならびに、FON FREE INTERNETも同時設置しておりますので、
ご都合のよい環境をご利用下さい。

※当院のFONは、ソフトバンク専用では御座いません。

金魚。(その3)

実は金魚を飼おうと思った時から、黒い出目金は絶対外せない。
そう思っていました。

ネットで調べると、金魚一匹に10リットルの水が必要。

そういう記載などもありました。
今回用意した睡蓮鉢はほぼ20リットル。
二匹の勘定になります。

ただ。
まめに水変えなどして、ちゃんとした環境を与えて上げれるのなら。
もう少し多めに飼えそうです。

まず黒い出目金を買ってきました。、
そしてもう一匹は素赤の金魚にしようと思い、熱帯魚屋さんや、金魚屋さんなどを回りました。
出目金はとても小さい子だったので、もう一匹もなるべく小さい子を、と思い、一匹のオランダ獅子頭を選びました。
完全な素赤ではなく、更紗と言うのでしょうか、お腹の方が少し白い色をしています。
でも睡蓮鉢では上目から金魚を見るので、殆ど素赤の様に見えますね。


しかし、思った以上に出目金が小さく、オランダの方が大きい為、鉢の中ではちょっと威張っています。
だんだんバランスが取れてくると良いのですが。



この日記を書いている時点で、金魚を入れて大体一週間になります。
始めは少しおびえている感じもありましたが。
今は少し落ち着いて、二匹とも元気で泳いでます。

仕事の合間にも、患者さんの切れ間などがあるとつい金魚を眺めに行ってしまいますね。
仕事が終わった後なども、可愛くてぼ〜っと眺めてしまいます。

とても癒されます。
今は、もう一匹、白い金魚を入れたいななど考えたりしているのですが。
丹頂なども可愛いかな?と

もう少し悩んでみます。
佐藤歯科医院 長野県上田市